« 「先生」と呼ぶ友 | トップページ | 3333記念・第一部 »

2005年9月 5日 (月)

さだまさし

さだまさしさん。ついにこの人のことを書くときが来ました。サッカーのイラン戦記事で

少し触れましたが。さだまさし、10代の頃からの私のカリスマ。さださんはデビューが

1972年。私の生まれ年。私の年齢とさださんの歌手人生は同い年。ファンになった

頃は、昔のさださんを遡るのが大変だった。この人は、どんな歌を歌ってきたんだ

ろう、1曲でも多く知りたかった。当時はレコードからCDに移行するころだったけれど

私の家族は音楽に興味なく、レコードさえ聴くことは出来なかったので、テープで

少しずつ買っては、ラジカセで飽きもせず聴いていた。当時やっていたラジオも

毎週楽しみにしていた。10代の私は、どこまで歌を理解できていたかはともかく、

とにかくさだまさしに夢中で、ときめきすらおぼえていた。

初めてコンサートに行けたのは、主人と結婚してすぐのこと。運良く前の方の席が

とれて、大感激だった。他にもいろんな音楽を聴くようにもなったけれど、やっぱり

最後はこの人に戻っていく。さだまさしは、私のホームだ。

明日、さだまさしさんはソロコンサート3333回目の記念コンサートを日本武道館で

おこなう。私もファンクラブ枠で、無事チケットを手にすることが出来た。コンサート

は二部構成の二夜連続。つまり、明日明後日の2日間が「3333回」だそうだ。

長くファンをやっていて、さださんの節目に立ち会えるのは今回が初めて。

うれしくてたまらない。今から心が弾んでいる。

さだまさし様、明日は観客席から、精一杯のおめでとうを送ります。そして、たくさん

のありがとうも。ステージのあなたに、届きますように。

明日、日本武道館で私のときめく時間がはじまる。

|

« 「先生」と呼ぶ友 | トップページ | 3333記念・第一部 »

コメント

みやびちゃんは「さだまさし」さんが好きなんだぁ。
ふぅ~ん。若いのに珍しいねぇ(ノ゚ρ゚)ノ ォォォ・・ォ・・ォ・・・・
さださんと言えば、私がまだオータニに勤めていた頃、毎年ディナーショーを1日2回(他の人は1日1回)やってたなぁ~って。
あと、彼って意外に普段は芸能人オーラをあまり出さないみたいで地下のエレベーターホールで一緒になった時、私は気付いたけど先輩は気付かなかった^^;
前に奥様が幹事の宴会があって、私はブライダルサロン(宴会の打ち合わせもする)の受付してたんだけど、一緒に荷物とか持って来られたコトもあったなぁ。

私はそんなにファンじゃないんだけど・・・

子供の頃、何故か彼のレコード買ってもらったことあったなぁ。
子供だったのに、持っていたのは「関白宣言」(笑)
もちろん意味なんて分かってなかったけど結構好きだったかも(笑)

そうかぁ~明日とあさっては記念コンサートなんだね☆
心行くまま楽しんで来てね(^_-)-☆
でも、明日も雨がたくさん降りそうだから気をつけて!
私はウチで爆睡していることでしょうzzz

投稿: えのっち | 2005年9月 6日 (火) 02時37分

こんにちは~^^

おっ★
本日はコンサートにお出かけですか♪
しかも記念すべき節目に・・・ファンとしては最高ですよね。
楽しんできてくださいね^^

コンサート・・・もう何年も行ってない気がします。
一番よく行ったのは高校時代でした。バイトでお金ためて
いきまくりました。なつかしいなぁ~(´ー`)

投稿: 由宇@ | 2005年9月 6日 (火) 13時45分

えのっちさん

うふふ。珍しくもないですよ。ファンサイトを検索すると私より年下の昭和48年生まれのファンサイトもあるくらいですから。でも、コンサート行くとやはり年齢層は高いですね。

ディナーショー!私も一度行ってみたいんです。そのうち行けるといいなぁ。なんと!さださん本人だけでなく、奥様まで!?うらやましいです。

昨夜の第一部は大盛り上がりだったんで、今日の第二部もたのしみです!

由宇さん

私がコンサート行くようになったのは、結婚してからですね。親元を離れてやっと自由にやりたいことをやれるようになったというか・・・。
うちの親は私にピアノ習わせていたくせに、自分は全然音楽に興味なくて、さださんの音楽もラジオも隠れるようにして聴いていました。実家、居心地良くないの・・・

投稿: みやび | 2005年9月 7日 (水) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124417/5805671

この記事へのトラックバック一覧です: さだまさし:

« 「先生」と呼ぶ友 | トップページ | 3333記念・第一部 »