« 冬物語スペシャルコンサート・第一部 | トップページ | 忘年会 »

2005年12月 9日 (金)

冬物語スペシャルコンサート・第2部

昨日の続きです。メンバーが揃い、さださんもギターを抱えながら、客席を見渡して

「700人くらいですかね。僕ね、このくらいの好きなんですよ。お客さんの顔が一人

一人全部分かりますから。そしてね、トークも爆発するんですよ!」大拍手!!

最初の歌は、「とこしへ」から「さよならさくら」そして「長崎小夜曲」アコースティック

バージョン。3333ではオープニング曲でアップテンポでノリノリでしたが、この日は

しっとりと聴かせてくれました。2曲歌ったところで、紅白の話に。「まだ何を歌う

かは調整中なんですけどね。紅白はうるさい番組。NHKで唯一うるさい番組なん

です。僕はね、子供の頃NHK嫌いで、大人がNHK見ているとなんでこんなぬるい

のがいいんだろうと思ったけど、この年になって好きになりました。静か。NHKは

ホントに静か。紅白だけがやかましいんです。あのラストの瞬間が紅白のピーク

だと思っているんです。最後にランラララン・・・とやって「ゆく年くる年」に切り替わ

って、「ゴーン・・・」あの瞬間がピークなんです。何の話だっけ?あ、NHKが静か

でいいって話ね。でねNHKも大変なんでしょうね。悪いことをする人が出ると、

叩かれてさらにそれを逆手にとって受信料払わない、なんて人も出てきたりね。

それでさださん、何とかならないでしょうかって言われて、紅白終わって、「ゆく

年くる年」が終わってニュースが入ります。その後に2時間、生放送をやります。」

一同、大拍手。「この番組ははがきを読むだけ。今年面白かったこと、辛かった

こと、楽しかったこと、何でもいいです。あのね、これから話すことは内緒だよ。

NHKはね、同じ番組が3回続くとレギュラーになるんです。「家族に乾杯」

ってあるでしょ?あれ、僕と鶴瓶で3回テスト番組やったんです。それでレギュラー

になったんですよ。でも僕あの番組は諸刃の剣のような番組だと思っているの。

僕たちが芸能人だから、顔が売れているからということを盾に、テレビカメラと

いうのを武器にして人様のうちに上がりこんでいくわけですよ。だからね、節度

は守らなきゃって、鶴ちゃんにもいつも言っているんです。で、まぁ年明けから

番組をやるわけなんだけど、はがきはね、昔文化放送でセイ!ヤングというの

をやっていた頃から好きなんです。手紙だのメールだのはやたら長い。はがき

っていうのは絶妙なスペースなんです。この限られたスペースに込められた

かすかな自己顕示欲、これがいいんです。ぜひ、NHKさだまさし特番宛におは

がきお寄せください。今言ったNHKの話はよそでしちゃダメよ!」(さださん

ごめんなさい。ブログに書いてしまったことをお許しください<(_ _)>)

「えーっと、そろそろ冬物語歌おうかね。これはね、僕らの世代の恋の歌。今の

恋愛感には馴染まないだろうけどね。札幌を舞台にした歌。札幌っていうと

違う曲を連想する方もいらっしゃるだろうから、まずそれをやって、雰囲気盛り

上げてからやろうか?(石川さんに向かって)いい?それで。じゃ、やろう。

よさこいソーラン節をやります。」と言って歌われたのは「北の国からメドレー

メインテーマは皆一緒に歌いました。そして「冬物語」これは聴くたびにいい曲

だなーと思います。「メインテーマ、吾郎のテーマ、純のテーマ、蛍のテーマ、

メインテーマ、冬物語、6曲も歌っちゃった。」「昨日ね、博多で日帰りで歌って

きたんですよ。NHK福岡放送局75周年の記念コンサートでね。武田鉄矢さん、

氷川きよしくん、夏川りみちゃんなんかと一緒に。すごかったな、氷川くんの

人気。ホントすごかったよな。もう彼は真面目で誠実なオーラが出てて、それで

一生懸命歌うでしょう。もうホントにかわいいなぁと思っちゃう。実はね、「愛燦

燦」の2番、出だし一小節間違えちゃった。恥ずかしかったよー。もうすごい

盛り上がっているところに、「すいませーん、間違えました!」って。あれ、オン

エアされるのかなぁ。されないよな。」「武田鉄矢さん、あの方も面白い方です

ねぇ。この曲イントロ5小節でいいですか?って聞いたら「音楽のこと俺に聞く

な。」って言うんだよ。ひろすけ文学賞をね、欲しかったんですって。いいな、

さだは。俺、候補にはあがったことあるんだけどな、って楽屋でずっと。」

「次はこんな曲を歌います。」「案山子」でした。生で聴いたのは初めてで感動

しました。続いて「精霊流し」「ホントにこういうご縁でね、お会いできてうれしい

ですよ。もうそろそろ終わりなんですけど。」客席から「えー!!」「えーと言わ

れようとビーと言われようとオーと言われようとエービーと言われようと・・・

ビールが取り持つ縁だけに慌しくて。ビールは泡が美味しいんですよ。最後の

一曲なのでここで石川さん、宅間さん、休め。」で、ご両人退場。「さだまさしが

デザインしたからって缶が捨てられなくて困っているなんて声もあるようですが

そんなこと言わずにどんどん捨てて新しいの買ってどんどん飲んで。わたしの

黒ラベルのためによろしく。これからもさだまさしとサッポロビールをよろしく

お願いします。」倉田さんのピアノで「秋桜」歌い終えると小さいステージを端

から端まで歩いて何度もお辞儀をして退場なさいました。客席はアンコールの

拍手。さださんお一人で再登場。客席大きな拍手で迎えます。「歳末ですから

ね。皆さん、交通事故とか気をつけてくださいよ。うちのサブマネージャーの

石井何某というのがバイクで吹っ飛びましてね。10.8m飛んだんですよ。

それでピーナッツ畑に落ちて。ピーナッツ畑だけに落花生できましたけどね。

本当に気をつけてください。では最後に一曲歌います。」ラストは名曲、

風に立つライオン」でした。この日はさださん喉の調子が良く、高音がきれい

に響いていました。さださんの想いが、愛が全身に痺れるように伝わってきて

涙が溢れました。帰り、さださんが立ったステージに手を触れてみました。

まだ熱気が残るステージ、手のひらに温もりを感じてまた涙が溢れます。

トークの中で、「何万本ビール飲んだ人がいると思っているんですか。これだけ

しかいないんですよ。」と言っていたけど、本当にものすごい幸運、そして

席にも恵まれて、あったかい時間をさださんと過ごせて、何に感謝していい

のか分からないけど、ありがとう。さださん、確かにハートの雪が舞ったよ。

私の心に降り積もったよ。決して解けないハートの雪が。ありがとうさださん。

素敵な時間を本当にありがとう。夢のような、冬の夜でした。

|

« 冬物語スペシャルコンサート・第一部 | トップページ | 忘年会 »

コメント

冬物語コンサートの様子が手に取るように分かりました。
さださん、面白おかしくいろいろしゃべったんだね。
でも曲数からすると2時間半くらいで終わったのでしょうか?
こじんまりした、暖かいコンサートだったことが伝わってきました。
ありがとうございました。

投稿: 案山子 | 2005年12月 9日 (金) 22時39分

くりにゃー、いまだにさださんの良さがわからない朴念仁ですけど、みやびさんがとっても楽しんだコンサートなんだなー、て、とっても良くわかります。
なんか、さださんと観客との間が近くて、ライブハウス感覚なフレンドリーなライブだったんだろうなあ。
年末のお楽しみ、一年のしめくくりにいいライブにいけて良かったですね。
っとと、これからさらに平井堅さんもあるんだよねー。いいなー、ライブ三昧の師走。いい年越しになりますね。

投稿: くりにゃー | 2005年12月10日 (土) 04時57分

家族に乾杯昨日さださん出演していました。
私は見られなかったのでビデオにとってみます。
楽しいコンサートの模様を教えてもらってうれしかったです。
ありがとう。

投稿: sandy | 2005年12月10日 (土) 10時20分

こんばんは。楽しかったですね。良かったですね。しかし内容をよく覚えていますね~驚きました。詳しく分かって面白かったです。うちの主人もさだまさしさんのファンです。たまに一緒に聞いてると何とも言えない安らぎを感じます。また子育て済んだら主人と行ってみようかな。

投稿: naoko | 2005年12月10日 (土) 21時33分

とても楽しく、幸せな時間だったのですね☆
今、私の頭の中でさださんが歌ってはります(*^^*)

さださんのコンサートは進行役の方がいらっしゃるんですね☆
進行役のいらっしゃるコンサートには行ったことがないのと
そのような進め方を初めて知ったので驚きました☆
進行役の方がいらっしゃると、
観客の目線でもお話されるでしょうから、
ちょっとした疑問や驚きを代わりに伝えてくれて
きっとさださんとの距離が近くに感じられるでしょうね(*´∀`)ノ

私もライブに行きたくなってきたっ!!
ん~3月までお預けっ(;´Д`)

投稿: かが | 2005年12月10日 (土) 22時19分

案山子さん

案山子さんのように上手にまとめられなくて・・・でも少しは雰囲気を伝えることができたでしょうか。時間は2時間弱くらいでした。7時開演で、第一部のトークが15分ちょっとくらいだったと思うのでコンサートは実質1時間半くらいだったでしょうか。本当にほのぼのと、あたたかいコンサートでした。

くりにゃーさん

そうですね。会場も小さいですし、ライブハウスのような感覚でしたね。すごく距離が近かったです。さだまさしさんは、特別な存在ですね。さださんのコンサートに行く時はいつも、まるで初恋の人に会いにいくような気持ちになってどぎまぎしてしまうのです。

sandyさん

3回やってレギュラーになった「家族に乾杯」、年始にやる特番ももしかしたらレギュラーに?・・・でもさださんTVでレギュラー持つのはイヤなんですって。命取られる、っておっしゃってました。

naokoさん

一つ残らず全部覚えていますよ。トークもまだまだたくさんあったんですけど、書ききれないので。ご主人はさださんファンですか。いいご主人ですねー(笑)ぜひ、ご夫婦でコンサートに行ってください。楽しいですよ。

かがさん

このコンサートはサッポロビールの企画コンサートなので進行役の方がいらしたんです。トーク&ライブというやつですね。会場も小さいし、通常のコンサートとはかなり雰囲気違いました。さださん、近かったですよー。卒倒しなくてよかった(笑)
かがさんは3月、どなたの?ライブはいいですよねヾ(=^▽^=)ノ

投稿: みやび | 2005年12月11日 (日) 18時34分

トークも含めて、かなり楽しまれたのですね~。ここまで詳細に書くことができるっていうのは、もしかして・・・。
でも、やっぱり、MCが面白いのも、さださんの魅力なのでしょうねぇ。

投稿: あきちゃん | 2005年12月12日 (月) 00時42分

あきちゃんさん

ん?もしかしてって??全部記憶の手繰り寄せですよ。そうですね。トークが面白いのはさだまさしコンサートの最大の魅力の一つです。トークだけのコンサートやろうかな、なんてこともおっしゃってました。

投稿: みやび | 2005年12月12日 (月) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124417/7543139

この記事へのトラックバック一覧です: 冬物語スペシャルコンサート・第2部:

« 冬物語スペシャルコンサート・第一部 | トップページ | 忘年会 »