« 遊んだ♪ | トップページ | 歩き初め&ちょろぴ始動 »

2006年1月 4日 (水)

大晦日の悲劇と感激

今になってようやく語る、大晦日の出来事。コメントでは一部お話しましたが、せっか

くなので(?)記事に残しておこうと思います。大晦日から那須の別荘で過ごすべく、

いろいろ頑張り何とか間に合わせ、30日の深夜、横浜を出発しました。初ETCに

感動しながら、渋滞もなくスイスイと行くことができました。途中のSAで仮眠を取った

りしたため那須についたのは31日未明でした。雪が舞い、積雪20cmほどで恐怖

を感じるほどの寒さ。とにかく暖まろうと薪ストーブに火を熾しました。しばらくして

身体が暖まってきて、主人が「水、やってくるね。」と外のポンプ小屋に行きました。

一通り操作して部屋に戻ってきて、水を出そうとしたら出ない!おかしいなぁ・・・と

もう一度ポンプ小屋に行って見てくると、電源が外れているというのです。冬季は

凍結を防ぐため、入れっぱなしにしておかなければならない電源が。別荘を使った

のは12月初旬、私の両親です。とりあえず電源を入れて、夜も白々と明けてきた

ので、朝食もとりたいし、トイレも行きたいしで近くのファミレスに避難。帰ればおそ

らく水出るだろうと楽観的でしたが、一応両親に問い合わせようと時間をみて電話

をしました。そしたら何と父が電源を抜いてきたと言うではありませんか( ̄□ ̄;)!!

これは冬は抜いてはいけないんです。母に聞いたらポンプにお湯をかけてみて、

前に凍結したときそうやったから、と言うので、帰ってから大きな鍋に雪をたくさん

入れて、沸かしてポンプにかけるという作業を主人が繰り返しました。でも何度

やっても出ないので、再び電話。でも根気強くやってみて、ごめんね。としか言わ

れません。ちなみに父は「反省している」と言っていたそうな。雪を溶かして沸かす

のも手間だし、それをやかんに汲んでいちいち外に出てお湯をかけるのも手間。

再び両親から連絡が入り、井戸屋さんを呼んだからもうすぐ着く、というので、

待っていました。これで何とかなるだろうとホッとしながら待っていたら、わりとすぐ

二人来てくれました。そのお二人の見立てによると、凍結のため、プラスチックで

出来ている部品が破損している、とのことで、少しいじったらポンプから水が溢れ

出し、もうお手上げ状態。部品はメーカーにしかないため、休み明けでないと直せ

ないとのこと。水が使えないんじゃどうしようもありません。帰ることにしました。

母に電話していきさつを話し、横浜に帰ると言ったら、父の教え子が近くでペンシ

ョンをやっているから聞いてあげようか、と言ったそうですが主人はおせち持参

しているのでこれを食べたいので帰る旨を告げました。母はごめんね、と何度も

繰り返したそうです。こればかりは仕方ありません。とんぼ帰り決定です。紅白に

間に合わなかったら大変と急いで帰り仕度をし、別荘をあとにしました。

決断が早かったので、紅白には余裕で間に合いました。さだまさしさんは素敵

でした。吉永小百合さんの荘厳で力強い原爆の詩の朗読の後、「広島の空」を

歌い上げたさださん。曲が発表された時は意外な感じがしましたが、さださんなら

きっと素晴らしいステージを作ってくれると思っていました。第一部の最後というの

も良かったです。ビシッと締まりました。もうお一方、個人的に楽しみにしていたの

は平原綾香さんのバックでコントラバスを弾いた池松宏さんです。NHK交響楽団

で首席奏者を務めるこの方、ちょっとご縁のある方で、子供の頃、うちによく来て

くれては遊んでくれたり、当時音大生だった池松さんにピアノをみてもらったりしま

した。事前に出場なさることを聞いていましたので、かじりついて見ておりました。

池松さんが映ると、「お兄さーん!」とテレビに向かって手を振りました。池松さん

はこの春N響を退団され、ニュージーランド交響楽団に移籍、現地で活動される

ことになっています。

紅白が終わり、「年の始めはさだまさし」を楽しく見ました。昔聴いていたラジオの

「セイ!ヤング」を思い出して少し懐かしい感じがしました。ラジオでは顔は見られ

なかったけど、きっとこんな風にやっていたんだろうな、と思いました。那須での

思わぬハプニングに私も主人もかなり疲れましたが、自宅でゆっくり年越しも楽し

かったです。さださんもたっぷり見られたし、紅白は堪能したし、池松のお兄さん

も見られたし、言うことないです。ああ、でも間に合わせるために頑張ったのに

と思うと虚しい気もしますが、主人が「どこにいようと君と君の手作りおせちが

あれば満足。」と言ってくれて救われています。

今日は近くのいいお寿司屋さんで美味しい日本酒とおつまみとお寿司でちょっと

贅沢にお正月を〆ました。明日からは日常です。ゆるゆるいこうっと。

|

« 遊んだ♪ | トップページ | 歩き初め&ちょろぴ始動 »

コメント

こんばんは。楽しい正月が過ごせてなによりです。今年もゆるゆるしてくださいね。やはり楽しいのが一番です。

投稿: naoko | 2006年1月 4日 (水) 22時09分

うーみゅ。凍結だけなら水道屋さん呼べばなんとかなるよなぁ、と思ってたのですが、破裂していたのですね。これは、取っ替えないと直らないです。あぁ、自家水道(ってか井戸汲み)なんだ。ポンプやられちゃうと、お手上げですね。
残念です。せっかく、旦那様と、雪のしんしん降る中、ハッピーニューイヤーって言いながら、かちんと鳴るフルートグラス。幸せな新年の始まり。
でもでも、横浜のおうちでも、シャンパンは飲めるにゃ。さださんの歌、良かったですねー。あんなに奥深い歌を歌える人なんだ、さださんて。ちょっと感動。
旦那様と、どこにいても、ゆるゆるで幸せな時を刻むことができるみやびさんって素敵です。

投稿: くりにゃー | 2006年1月 4日 (水) 22時23分

おそまきながら、あけましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくです。
それにしても、激動の大晦日を過ごされたのですねぇ。でも、無事に帰ってこれたのが何よりです。私も紅白見ました(ビデオ撮りながら)。さださんの歌、初めて聞く曲だったのですが、良い曲でしたね。私個人的には、氣志團が夫婦で大受けだったのですが・・・。

投稿: あきちゃん | 2006年1月 4日 (水) 22時57分

あらら~そういう事情だったんですねぇ~
那須は寒かったでしょうね。
私も那須はよく行くんですよ。
でも冬には行ったことないな・・・

投稿: ヤン | 2006年1月 4日 (水) 23時04分

こんばんは。
正月早々ご苦労様でした。
水道落としておけばよかったのにですね。
でも別荘ですか...いいな。

投稿: みつ | 2006年1月 4日 (水) 23時51分

セイヤング聞いていましたか?
ビデオにとって見ましたがほんとそんな感じがしました。
よかったです。

投稿: sandy | 2006年1月 5日 (木) 10時01分

まさか、そんなことになってたとは!!
でもダンナさまの
「どこにいようと、君と君の手作りおせちがあれば満足」って言葉、いいなあ。
言われてみたいなあ。

投稿: おとめちゃん | 2006年1月 5日 (木) 15時31分

あけましておめでとうござます。災難でしたね、那須まで行って凍結とは(T_T)。
でもきっと後々、楽しい思い出になって残ると思いますよ♪。昨年末、私たちもガスの検査で家の中でダウンジャケットを羽織って寒さを凌ぎましたが、すでに楽しい思い出です(^・^)。


投稿: そこそっこ | 2006年1月 5日 (木) 17時46分

お風邪などはひいていませんか?
そんな寒い中、お2人とも体調を崩してなければいいのですが・・・
ん、お寿司でお正月を〆たとな、あ、大丈夫そうですねヽ(´∀`)ノ

紅白、やっぱり私はコブクロとWaT、
スキマスイッチに山崎まさよしさんに…
あら、白組ばっかりじゃないか、私^_^;

私のお正月の〆は…何やろ?(__!)?(!__)?
…どうやらまだ〆てないようです。

投稿: かが | 2006年1月 5日 (木) 22時14分

naokoさん

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。そうですね。結果として楽しく過ごせましたから良しとします。

くりにゃーさん

そうなんですよ。凍結すると水って膨張するでしょう?それでプラスチック部分が破損してしまったんですよ(T△T)ホント、お手上げでした。やっぱり楽しみにしていたんで残念です。ちょろぴ連れて行ったんで、雪だるま作ってちょろぴと写真撮りたかったなぁ。そんな暇も余裕もなかったです。今頃は直しにかかっているはずですが・・・

あきちゃんさん

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。はい、大晦日で厄落とし完了したはずです。さださんが紅白で歌われた「広島の空」はちょっと昔の歌なんで意外な選曲でしたけど、良かったです。気志團、うちもウケましたヾ(=^▽^=)ノ

ヤンさん

那須は寒かったですよー。そうですよね。避暑地ですからやはり夏がいい季節ですね。冬場に行くのはリスキーだということが分かりました。でもね、冬は冬で楽しいものなんですけどね・・・

みつさん

冬場は水道の凍結を防ぐため、必ず水抜きをして、ポンプの電源は入れたままにしておく、のが鉄則なんです。逆に夏場は雷の事故を防ぐため、電源は抜くんです。父がこの基本を怠ったため、こんな事態に(T△T)別荘は時間を気にせずのんびりできるのがいいところですかね。

sandyさん

セイ!ヤング、聴いていましたよ。中学生の頃。毎週楽しみにしていました。ホント、年始の特番は懐かしかったです。さださんも懐かしいなと思っていたかしら。

おとめちゃん

そんな事態になっていたんです(T△T)でもいいんです。二人でのんびりできたし。主人は照れずに愛情表現をしてくれるので嬉しいです。

そこそっこさん

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。そうですね。既に笑い話ですね。でも同じことを繰り返したくありませんね。

かがさん

はーい!二人とも風邪はひいていません。大丈夫です。紅白、私も白組ばっかりだなぁ。山崎まさよしさんは桜木町から中継で、寒そう・・・と思いましたがきっちり歌い上げたのはさすがです。かがさんはまだお正月続いていますか。〆は何かなヾ(=^▽^=)ノ

投稿: みやび | 2006年1月 6日 (金) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124417/8002147

この記事へのトラックバック一覧です: 大晦日の悲劇と感激:

« 遊んだ♪ | トップページ | 歩き初め&ちょろぴ始動 »