« 平凡な一日 | トップページ | 歩いた歩いた! »

2006年1月27日 (金)

祖父との思い出

今日は祖父の誕生日。齢88歳、米寿である。正直ここまで元気に長生きしてくれる

とは思っていなかった。祝いの席は別に設けられるようだが、今日のところはとりあ

えず「米寿をお迎えになり、心よりお祝い申し上げます。これからもご健勝であらせ

られますよう、お祈り申し上げます。」という内容のFAXを送った。

88歳とはいえ、祖父は健康でとても元気で、歳よりずっと若く見える。それが孫と

しては何より嬉しいこと。諸事情でここ数年顔を見せていないのが心苦しくもある

が、折に触れ、FAXや電話はしている。敬老の日などには贈り物もしている。モノ

より顔を見せるのが孝行だと分かってはいるけれど、いま少し時間が必要。

祖父との思い出というのはこれといって思いつかない。ずっと一緒に暮らしては

いたものの、思い出という思い出がない。早くに逝った祖母との思い出が色濃い

せいもあるだろうが、古い人間の祖父と、思春期の私は折り合いが悪く、衝突

することが多かった。祖父の存在が疎ましいと思ったことも正直何度もある。

しかし、祖父も私も歳を取り、結婚して家を出てからはいたわる気持ちが急に

強くなってきた。自分でも不思議なくらい。他の親族へのわだかまりは未だに

解け切らないものの、祖父に対してだけはそんな感情は湧かない。

元気でいてくれるとはいえ、祖父も米寿。これを機に、一歩進んでもう少し目に

見える形で孝行してみようかな、とFAXを送信しながら思った。

|

« 平凡な一日 | トップページ | 歩いた歩いた! »

コメント

難しいのですね。
みやびさんも、娘時代の確執は忘れて、いたわりの心で接することができるのですね。
心の広いみやびさん。
(でも、娘時代の確執って、そんなに簡単には取れないんじゃないのかな。生理的な嫌悪感ってそんなに簡単には。そこまでひどくはないですか?)
なんにせよ、米寿はめでたいですね。長寿で、なお元気だってのはいいことです。
おじいさまも、年取って、角が取れて、丸くなってらっしゃるんじゃないかなぁ。一度逢ってみてはいかがでしょうか。孫娘っていい物だと思います。
(私は孫の顔を見ることはないんだろうな……。想像でコメント書いてますこと、ごめんなさい。)

投稿: くりにゃー | 2006年1月28日 (土) 00時40分

米寿ですか。おめでとうございます。(と言って良いのでしょうか?)
人間、歳を取ると過去のことは水に流せるものなんですね。過去の確執だなんて、見ようによってはたわいも無いことなのかもしれません。

そういや、私の祖母も米寿に近かったはず・・・。お袋に聞いてみようっと・・・。

投稿: あきちゃん | 2006年1月28日 (土) 01時42分

ちょろがみやびで他へ衝突したかったみたい。

投稿: BlogPetのちょろ | 2006年1月28日 (土) 09時13分

米寿おめでとうございます。
いろんなことがあったんだろうね。

投稿: sandy | 2006年1月28日 (土) 10時53分

米寿おめでとうございます
いろんなことがあっても時が解決してくれることもあるんですね。

おじいちゃん、大切に。

投稿: おとめちゃん | 2006年1月28日 (土) 20時41分

くりにゃーさん

そうです。過去の確執はそう簡単に忘れられるものではありません。でも祖父にだけはさっぱり水に流せてしまえたから不思議です。電話は時々したりかかってきたりして話はしています。祖父と会えないのは祖父と一緒に暮らしている人たちとまだ顔を合わせたくないからです。祖父一人とだけならいつ会ってもいいと
思っていますよ。母の妹、叔母とも会ってもいいかな。まぁ、時間の問題ですね。

あきちゃんさん

ありがとうございます。米寿でますます元気なのですからめでたいことです。過去の確執は流しきれないものをまだ抱えてはいますが、祖父にだけは孝行したいとずっと思っています。「みんなで一緒に」が祖父の望みなのは解っていますが。

ちょろ

そうなのよ。衝突したかった時もあったのよ。
でも今は仲良しだから安心してね。

sandyさん

ありがとうございます。祖母が早くに亡くなり、その時は自分もそんなに長生きはしたくないなどと言っていましたが、ここまで元気でいてくれました。いつまでも元気でいてほしいです。孝行できるのはこれからですから。

おとめちゃん

ありがとう!そうだね。時が解決してくれるってこと、信じられなくなる時もあるけど信じたいと思います。祖父も歳ですから、これからうんと大切にするね。

投稿: みやび | 2006年1月28日 (土) 22時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124417/8371733

この記事へのトラックバック一覧です: 祖父との思い出:

« 平凡な一日 | トップページ | 歩いた歩いた! »