2006年9月 1日 (金)

もう9月(;^_^A

長崎のことを書きあぐねているうちに9月になってしまいました(;^_^A 皆様、レス

が遅くなりまして申し訳ありませんでした。「夏・長崎から」は27日にNHKで放送が

あり、見てまた感動を新たにしました。1時間半の枠では全ての感動は収まりきれ

ないのですが。やっと落ち着いて、長崎の思い出を語れるようになってきました。

しばらくブログさぼっていましたが、またゆるゆるさぼらずに書いていきたいと思い

ます。長崎がとても暑かったせいか、こちらの夏はあまり暑いと思いませんでした。

割りと過ごしやすい夏だったんでしょうか?ちょっと寂しいです。暑い夏が何より好

きなので。もうあちらこちらで秋の気配。本当に早いものです。火曜日のドクター

デーで、ウツに入り始めていると言われ、薬を調節しました。でもまあまあ元気

です。外に出るようにはしていますし、社交ダンスのレッスンも楽しくやっています。

NHKでの放送も終わったことですし、明日から長崎の思い出を綴りたいと思って

います。

今日から9月、今月もよろしく、ゆるゆるだいありい。

| | コメント (18) | トラックバック (2)

2006年8月23日 (水)

I miss...

長崎で過ごした4日間は、今でも鮮明に胸に残っており、思い出さない日はない

です。また行きたいです。さださんのコンサートはもうないですが、さださんがいなく

ても、同じ時期にまた稲佐山に行きたいです。夜景は見損なったし。さださんが生ま

れ育った町は、優しく迎えてくれ、包み込んでくれました。コンサートはもちろん

なんですが、映画「解夏」のロケ地巡りや、さるく博はとても楽しく、感動的で、とても

言葉では言い表せないくらいです。路面電車の乗り方が分からなくて、その戸惑い

も懐かしいです。ちゃんぽんもカステラも本当に美味しかった。暑くて陽射しが強く、

真っ黒に日焼け。今でも残っています。焼けた肌にはブルーのアイシャドウがよく

合います。もっと詳しく書きたいんですが、眠れない夜に少しだけ書いてみたくな

りました。みつさんを初め、長崎で出会った人たちにも心から感謝しています。

ありがとう。みんな本当にありがとう。

「解夏」のロケ地である興福寺という禅寺に立ち寄り、映画に出てくるのと同じ

白いさるすべりの花が迎えてくれて嬉しかった。とても家庭的なお寺で、座敷に

上がらせていただいて、小さいながらよく手入れされた庭を眺めながら、何とも

言えない不思議な感覚になりました。とても静かで、時折風鈴の音が鳴るだけ。

映画のロケ地を見たいというだけで訪れましたが、いつまでもそこに座っていた

い、そんな気がして予定より随分長く興福寺で時間を過ごしました。庭にもさる

すべりがあって、こちらは紅の花をつけていました。蓮はまだつぼみでもうすぐ

咲きそうで。最終日に行ったので、後の予定があったため、名残惜しい気持ち

で興福寺を後にしました。振り返って、もう一度白いさるすべりの花を眺めて、

ふと、思いました。

「私の解夏はいつだろう。」

ちょっと朦朧としているので、意味不明な個所、お許しください。

また、長崎については書くつもりです。感動的なコンサートのことも書きたい

ですし。徐々に書いていきます。ゆるゆると。

レスが遅れて申し訳ありません。また皆さんのところにもお邪魔します。

身勝手を、お許しください。今しばらく。<(_ _)>

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

燃え尽き症候群?

長崎から7日に無事帰ってきました。旅行中にたくさんコメントいただいてありがとう

ございました。旅と、夏・長崎からのご報告をしたいのですが、まだ帰ってきて日が

浅く、ちょっと感傷的になったりしていて、うまくまとまりません。忘れられない夏に

なりました。あまりにもいろんな思いがあって、なかなか書けないんです。

このコンサートに参加することを、ずっと前から楽しみにしていたので、終わって

しまった寂しさもあると思います。いろんなことを思い出します。一つ一つ思い

出してはあたたかい気持ちになり、寂しくなったりです。

決してきれいに書こうしているわけではないですが、ちょっと考えすぎなのかも

しれないですね。そして、今はまだもう少し余韻に浸っていたいのかもしれま

せん。もうちょっと気持ちの整理がついたら、長崎の思い出を書きたいと思い

ます。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

さあ、長崎へ!

いよいよ明日、長崎へ出発となりました。明日は映画「精霊流し」と「解夏」のロケ

地に行ってみたいと思っています。5日にはみつさんも長崎入りで再会できます。

5日は整理券を受け取るために並ばないといけません。みつさんが一緒に並んで

くださるので心強いです。コンサートも一緒に観られますし、嬉しいです。

久々の長い旅行で、仕度で一人バタバタしていました。なんか思うようにまとまら

ず、パニック状態に。みつさんに電話して泣きついてしまいました。落ち着かせて

もらって、何とか仕度終了。みつさん、どうもありがとう。行く前からお世話になっ

ています。

もちろんコンサートがメインなんですが、せっかくなので観光も楽しみたいところ

です。どれくらい時間が取れるか分かりませんが。行きたいところは大体目星

つけてあります。

話は変わりますが、昨日、亀田興毅選手おめでとうございます。何だか批判も

あるようで、それもなんか分かる気もしますが、12ラウンドよく戦いました。

そして、ソフトバンクの王監督、退院おめでとうございます。大分痩せられまし

たが、お元気そうで何より。早い復帰をお望みなのは分かりますが、ゆっくり

お休みになっていただきたいと思っています。記者会見のなかで、心に響い

た言葉がありました。これはまた、いずれ書くことにしましょうか。

さて、本当にいよいよです。長崎はとても暑そう。熱いコンサートを楽しんで

きたいと思っています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

次は長崎

WORLDコンサートの余韻がまだ残っています。そしてみつさんのおかげでいつもの

倍くらい気持ちがあったかいです。人との出会いってありがたいです。実感していま

す。さて、次のさださんのコンサートですが、長崎です。8月6日。これはさださんが

私財を投じて無料で行ってきた恒例のコンサートで、今年で20年目を迎えます。

そして今年がファイナルなのです。今まではファンクラブの会報で見るだけでした

が、今回が最後とあっては何が何でも見届けなければ!と主人に有無を言わせず

(といってもかなり協力してくれましたが)話を進めました。最初で最後、というと

少し寂しい気もしますが、折々の場でさださんが語ってこられて、さださんの気持ち

も分かりますし、勇気ある決断だと受け止めています。

初めてなので勝手が分からないので、みつさんにメールでご相談し、いろいろと

丁寧に教えていただいて、本当に助かりました。そして、旅行会社を廻ってパンフ

レットをもらってきて、比較検討し、1週間ほど前、飛行機とホテルはおさえてきま

した。後は申し込んだイベント参加券が来ればO.K.です。この「夏・長崎から」

というコンサートはいつか行ってみたいとずっと思っていました。いよいよ実現

すると思うとワクワクします。もちろん、みつさんとまたお会いしますし(勝手に

決定ヾ(=^▽^=)ノ) ま虫のひとりごとの案山子さんにもぜひお会いしたいです。

そして皆でズバンバ(がんばらんばのダンス)を踊るのです。「長崎から」では

3万人で踊るぞー!!と会報誌に書いてありました。これはさださんの夢なの

です。ファンなら叶えてさしあげなければいけません!WORLDコンサートでは

一応、適当に踊ってみたものの、まだまだ詰めが甘いので現在、練習中。

私がまず覚えて、主人に教えなければなりませんしね。もちろん覚えてもらい

ますよ(笑)

コンサート後って、何だかちょっぴり寂しい気持ちになったりするもので、今回

も例外ではないんですが、次が決まっているのでね。うれしいです。

長崎で歌うさださんと、さださんのメッセージをしっかり受け取ってきたい。

そして、長崎でこのブログを通じて知り合ったさだファン、ま虫集合!が今の

私の夢です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

帰りました

那須から戻りました。お天気に恵まれて、とてもいい休日になりました。でも朝晩は

まだすごく冷えます。ストーブを焚きました。うぐいすの声で目が覚め、テラスで朝食

をとり、お気に入りのカフェに行ったり、新しいお店を開拓したり。湿原を見に行き、

ザゼンソウという珍しいお花や、オオサンショウウオの卵やモリアオガエルの卵など

貴重なものを見られました。湿原の辺りはまだ雪が残り、桜が満開でした。

そして、私、久しぶりに車を運転しました。ちょっとブランクが長くなってしまったの

ですが、一度出来たことって出来るものなんですね。久々の高速にちょっと緊張

しましたが、楽しかったです。「また練習が必要だな。」と主人に言われました。

はい、これを機にまた運転したいです。パニックの発作があったため、運転しな

くなって、もうハンドル握ることはないかなと思った頃もありましたので、これは

とてもうれしいことでした。

デジカメで写真を撮ってきたので、近々結婚記念日に撮ったものも含めて

マイフォトでアルバムを作りたいと思います。

明日以降、また遡って、結婚記念日のメイン、ディナータイムの記事を書きたい

と思います。またお付き合いくださいませ。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

ディズニー・リゾート

楽しかったです!2日間のディズニー・リゾート。1日、ホテルに車を置いてチケット

を買ったら、もうチェックインしてもいいというので先にしてしまい、シャトルバスと

モノレールに乗ってディズニー・シーへ。入場口で期間限定のかわいいメダルを

もらいました。ラッキー!雨の中でしたが、お構いなしに思い切り遊びました。

ショーも2つ見られました。ブロードウェイのミュージカルは素晴らしかったです。

野外のショーは残念ながら中止でしたけど、アトラクションはどれもおもしろくて

恐くて楽しかったです。夜のショーを見たかったんですけれど、キャストの方に

聞いたら、今のところ開催予定だけれど、天候不安定のため中止になるかも、

と曖昧な返事だったので、雨の中歩き回って疲れたし、冷えてもいたのでまた

の機会にと、ホテルに帰りました。ホテルの部屋は10階で、8時半頃、花火が

上がるのを部屋から堪能。どうやらショーは決行されたようです(T△T)花火を

見終わってからバーに行って軽く飲んで食事をし、部屋でくつろぎました。

翌日は雨も上がり、晴れ間も覗き、傘は車にしまってディズニーランドへ!

今は、「プリンセス・デイズ」というのをやっていて、昼のパレードはプリンセス

勢揃い!ミニーマウスもかわいいピンクのドレスを着てとても可愛らしかった。

お姫さま願望の強いみやびにはたまらなく夢心地!園内にはミニーちゃんと

お揃いのドレスを着てティアラをつけた小さな女の子がたくさんいました。

天気も良くはないけれど、雨がない分、前日より賑わっていました。ファスト・

パスなどをうまく使いながら、アトラクションで遊び、ワゴンでチュロスを買い、

チョコレート味のポップコーンを頬張りながら良く手入れされたお花を見なが

ら歩き回り、レストランで期間限定のスイ―ツを食べたりして満喫していまし

た。ディズニーは楽しいなぁ。夢いっぱいの気分になれます。細かいところ

まで本当に良く出来ているのには毎度感心します。

夜のショーはシンデレラ城で。シンデレラ城周辺は「ライツ・オブ・ロマンス」

と題した美しいイルミネーション。そして、シンデレラの戴冠式が行われまし

た。キラキラ輝く王冠が、シンデレラの頭上に。ミッキー・ミニ―をはじめと

するキャラクターたちも正装してお祝いに駆けつけます。そしてシンデレラ

は王子さまと馬車に乗ってパレードへ。素敵なショーでしたヾ(=^▽^=)ノ

そして花火。この日は園内から見上げました。きれいだったなぁ。

ショップで少し買い物をして、閉演時間ギリギリまでいました。名残惜しい

気持ちで帰路に。楽しかったなぁ。やっぱりたまには行きたいものです。

夢をいっぱいくれたディズニーに感謝!また今度楽しませてね!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

大晦日の悲劇と感激

今になってようやく語る、大晦日の出来事。コメントでは一部お話しましたが、せっか

くなので(?)記事に残しておこうと思います。大晦日から那須の別荘で過ごすべく、

いろいろ頑張り何とか間に合わせ、30日の深夜、横浜を出発しました。初ETCに

感動しながら、渋滞もなくスイスイと行くことができました。途中のSAで仮眠を取った

りしたため那須についたのは31日未明でした。雪が舞い、積雪20cmほどで恐怖

を感じるほどの寒さ。とにかく暖まろうと薪ストーブに火を熾しました。しばらくして

身体が暖まってきて、主人が「水、やってくるね。」と外のポンプ小屋に行きました。

一通り操作して部屋に戻ってきて、水を出そうとしたら出ない!おかしいなぁ・・・と

もう一度ポンプ小屋に行って見てくると、電源が外れているというのです。冬季は

凍結を防ぐため、入れっぱなしにしておかなければならない電源が。別荘を使った

のは12月初旬、私の両親です。とりあえず電源を入れて、夜も白々と明けてきた

ので、朝食もとりたいし、トイレも行きたいしで近くのファミレスに避難。帰ればおそ

らく水出るだろうと楽観的でしたが、一応両親に問い合わせようと時間をみて電話

をしました。そしたら何と父が電源を抜いてきたと言うではありませんか( ̄□ ̄;)!!

これは冬は抜いてはいけないんです。母に聞いたらポンプにお湯をかけてみて、

前に凍結したときそうやったから、と言うので、帰ってから大きな鍋に雪をたくさん

入れて、沸かしてポンプにかけるという作業を主人が繰り返しました。でも何度

やっても出ないので、再び電話。でも根気強くやってみて、ごめんね。としか言わ

れません。ちなみに父は「反省している」と言っていたそうな。雪を溶かして沸かす

のも手間だし、それをやかんに汲んでいちいち外に出てお湯をかけるのも手間。

再び両親から連絡が入り、井戸屋さんを呼んだからもうすぐ着く、というので、

待っていました。これで何とかなるだろうとホッとしながら待っていたら、わりとすぐ

二人来てくれました。そのお二人の見立てによると、凍結のため、プラスチックで

出来ている部品が破損している、とのことで、少しいじったらポンプから水が溢れ

出し、もうお手上げ状態。部品はメーカーにしかないため、休み明けでないと直せ

ないとのこと。水が使えないんじゃどうしようもありません。帰ることにしました。

母に電話していきさつを話し、横浜に帰ると言ったら、父の教え子が近くでペンシ

ョンをやっているから聞いてあげようか、と言ったそうですが主人はおせち持参

しているのでこれを食べたいので帰る旨を告げました。母はごめんね、と何度も

繰り返したそうです。こればかりは仕方ありません。とんぼ帰り決定です。紅白に

間に合わなかったら大変と急いで帰り仕度をし、別荘をあとにしました。

決断が早かったので、紅白には余裕で間に合いました。さだまさしさんは素敵

でした。吉永小百合さんの荘厳で力強い原爆の詩の朗読の後、「広島の空」を

歌い上げたさださん。曲が発表された時は意外な感じがしましたが、さださんなら

きっと素晴らしいステージを作ってくれると思っていました。第一部の最後というの

も良かったです。ビシッと締まりました。もうお一方、個人的に楽しみにしていたの

は平原綾香さんのバックでコントラバスを弾いた池松宏さんです。NHK交響楽団

で首席奏者を務めるこの方、ちょっとご縁のある方で、子供の頃、うちによく来て

くれては遊んでくれたり、当時音大生だった池松さんにピアノをみてもらったりしま

した。事前に出場なさることを聞いていましたので、かじりついて見ておりました。

池松さんが映ると、「お兄さーん!」とテレビに向かって手を振りました。池松さん

はこの春N響を退団され、ニュージーランド交響楽団に移籍、現地で活動される

ことになっています。

紅白が終わり、「年の始めはさだまさし」を楽しく見ました。昔聴いていたラジオの

「セイ!ヤング」を思い出して少し懐かしい感じがしました。ラジオでは顔は見られ

なかったけど、きっとこんな風にやっていたんだろうな、と思いました。那須での

思わぬハプニングに私も主人もかなり疲れましたが、自宅でゆっくり年越しも楽し

かったです。さださんもたっぷり見られたし、紅白は堪能したし、池松のお兄さん

も見られたし、言うことないです。ああ、でも間に合わせるために頑張ったのに

と思うと虚しい気もしますが、主人が「どこにいようと君と君の手作りおせちが

あれば満足。」と言ってくれて救われています。

今日は近くのいいお寿司屋さんで美味しい日本酒とおつまみとお寿司でちょっと

贅沢にお正月を〆ました。明日からは日常です。ゆるゆるいこうっと。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

那須での休日

夏休みを那須の別荘で過ごしてきました。12日の夜に出発しましたが、あいにく

天気が大荒れで、埼玉県内なんかすごい豪雨でビックリしちゃいました。そのせいで

東北道も大渋滞。たまらず途中で降りて宇都宮の市街を走り、別荘に着いたのは

深夜の3時を過ぎていました!もう、即就寝でした。

翌日は、先月福島県白河市に移住した大学時代の友人夫妻を訪ねました。彼らに

会うのは数年ぶりで、懐かしさでいっぱい。夕飯をごちそうになりながら、昔話に

花が咲きました。今度は那須に来て、と言って別れました。

その翌日はテラスで朝食をとり、持参したクロックポットで主人が近くの牧場で買った

肉で、ビーフシチューを仕込んでくれました。シチューをコトコトさせておいて、ドライブ

して、カフェでお茶。那須にはおしゃれなカフェがたくさんあります。ハイビスカスの

グラニテを注文しましたが、色鮮やかでさっぱりとおいしかったです。

夕食はもちろんビーフシチュー。朝もいだばかりのとうもろこしも。うーん、美味!!

食後はゆっくりバーボンを楽しみました。

次の日も朝食後、カフェへ。「イマジン」というペンションに併設されているカフェで、

「ペニーレイン」店内はビートルズ一色です。お宝やフィギアでいっぱい。センス良く

飾られていて、ゆったり落ち着けるカフェでした。チーズケーキも美味しくて、

みやび大満足!同じく併設されているベーカリーで朝食用のパンを買いました。

カフェ同様、おいしいパン屋さんがたくさんあるので迷ってしまいます。

夕食は外食することに。ん?こんなところにあったっけ? な、うなぎ屋さんへ。

聞けば6月末に開業とのこと。それじゃ、前来たときはなかったわけね。

で、うな重を注文したのですが、ランクみたいなものがあって、ちょっと高めの

「坂東太郎」といううなぎを選びました。坂東太郎さん・・・どんなうなぎさん??

やってきたのを一口。坂東さんほっこりして甘くてなんて美味なの!!みやび感動!

坂東太郎さん、あなたを忘れないわ・・・

そして今日、渋滞を避けるため、早朝6:00に別荘をあとにし、すいすいっと帰って

こられました。

別荘は森の中なので、虫の音以外は聞こえないほどとても静かです。お部屋で

ゆっくり音楽を聴いたり、おいしいお酒を飲んだりは至福の時でした。主人は家から

本を持っていって、めずらしく読書なんかしたりして。ちょろぴはどこでも一緒で、

カフェでもテーブルにちょこんと座ってかわいい。「かわいいですねー」と言われたり

もしました。記念写真、ひなたさんに送らないと!

こんな感じの、のんびりゆるゆるの那須での休暇でありました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)